お客様の声

お客様の声

パン工房O’zy様 店舗デザイン

店舗デザイン
三条市店舗デザイン事例

自然の中でパン屋がやりたい!
新創美さんは、頼もしい戦友のようでした

三条市西四日町で10年以上営んで来られた、パン工房O’zy様。
この度、「自然の中でパン屋をやりたい!」という念願を叶えるため、三条市の旧下田地区に移転オープン。移転の経緯や新創美に依頼してどうだったか等お話を伺いました。

あとワンチャンスできれば!ライフワークとして、パン屋を自然の中につくりたい!

三条市下田パン工房オージー様
以前は、三条市西四日町で10年以上営業していました。
しかし、ここにきて店舗の老朽化と地域の老化が進み、顧客年齢層も上がり来店頻度も落ちて来て、街や自店の集客力が低下していました。
さらに自分の年齢(50才)も加味すると、「この先ほんとどうしようか?」と、将来を悶々と不安に考えた時に“あと、ワンチャンスできれば。”と思っていました。
そんなところへ新創美の小野寺さんが、営業で挨拶しに来てくれたのが、今回きっかけです。(ちょうどその頃、東日本大震災の日で厨房にあるテレビの画像で震災の様子が克明に流れていたので、一緒に釘付けになって見ていたのをハッキリと覚えています。)
また、私は若い時から大自然にあこがれを抱いていました。
オーストラリアへバイクで一人旅に出かけ半年ほど掛けた際にはほぼ大陸を全周し、オーストラリアの雄大で圧倒的な自然の素晴らしさや、そこで生きる人々の素朴でフレンドリーなあったかさを肌で感じ、今でも自分の心の大半はオーストラリアに向いていました。
そんな私はいつからか、「いつかは自然がいっぱいな場所で、ライフワークとしてパン屋がやれたらなぁ・・・」と、思うようになっていました。
それで自宅から通うにも2~30分圏内で自然がいっぱいなところ・・・・と、思いその後、何度か下田や栄付近に出向いては、パン屋をやれそうな場所を探すようになっていました。
そこで、小野寺さんに「下田でパン屋は成り立つかな?・・・できれば下田でやってみたい!」と自然と想いを話していました。
小野寺さんは「やれますよ。わかりました!」としばらくたってから、現在の土地を紹介してくれ、「ここは、いい!」とピンと来たので、計画を進めていき、現在に至ります。

開店して約1カ月、嬉しい悲鳴が続いています

三条市店舗デザイン施工実績
開店して以来、途切れることなくお客様が立ち寄る人気店に
完工引渡を9/9に受けてから、ほぼ一人で開店準備に追われ毎日徹夜が続き、家に帰らず店に寝泊まりしながら、作業をしていました。
旧店舗から調理器具や食材・梱包材の引越から、新店舗での整理整頓や片付け、問屋営業担当との打合せ、旧店舗の片付け掃除に追われていました。
その中で、開店日や開店内容をどうしようか?と思案していました。

そんなとき小野寺さんに開店について相談したら、「プレオープンとグランドオープンと分けて、プレオープン時には、お店側の不慣れな動きに合わせたお客様への効率いい販売方法があるということをアドバイスしてくれ、「限定商品を割引で販売し、その後、休日を取ってからグランドオープンしたらどうか?」と提案していただきました。
私自身、今と同じく1人でパンをつくっていたにもかかわらず、旧店舗のオープンの時はいきなり開店をしてしまい、あっという間にパンがなくなりてんてこ舞して大変お客様にご迷惑をお掛けしたことがあるので「それは、グッドアイデア!」と、うなずき以後その準備に入りました。

その後、パートさんも見つかり手伝ってもらいながら、プレオープンにむけて準備を進めていきました。
プレオープン当日は、相当準備をしていましたが、午前中で準備していた分は完売し、その後グランドオープンに向けて仕込みしていたパンを焼いて出す状態でした。
開店してまだ1月経っていませんが、予定売上の数倍で、予定よりいっぱい仕込んで焼かないといけなく、徹夜も続き、うれしい悲鳴が続いています。
三条市店舗デザイン施工実績
オーストラリア産小麦を使ったライ麦食パン
三条市店舗デザイン施工実績
店内には、オーストラリアでも思い出の写真も

私の想いを汲んで、予算に合わせて提案してくれました

まず、自分の“ライフワークとしてのお店づくり”と考えていたので、建物規模は出来るだけ小さく駐車場は4~6台取れればいいかなと考えていました。
先にも話したように、新創美の小野寺さんから提案してくれた現土地は、それにピッタリちょうどよく、現在に至っています。
お店のデザインに関しては、ほぼ小野寺さん任せで私の言わんとするイメージや予算も含め、つくり上げてくれました。オーストラリア大陸の地型看板も提案してくれ、一発で気に入りました!

計画中に関しては、借入に必要な図面はもとより試算表やイメージ案も提案してくれ、借入審査が通るまで無償で手伝ってくれ、土地の紹介からトータルでサポートしてくれました。
お店が出来上がり、引越最中にカヌーを運んでいると小野寺さんが「これ、いいね!是非店頭看板下にディスプレイしてもらいたい」というので、裏に片付けて日の目を見ないよりは、有効活用でいいか。と思い 現在設置してあります。・・・・が、多くの皆さんの目に止まり、「あれ何?なんで?」とか、反応があり、お客様とのコミュニケーションのきっかけにもなり、とてもキャッチーなディスプレイになっています。
また、開店間際に新創美様をはじめ施工業者の皆様から開店協賛ということで、本来であれば、地元新聞に開店掲載するところをコロナ禍でもあったので、自店のコンセプトキャッチとマークを入れた暖簾シートを提供して下さり当店の目印となっています。

三条市店舗デザイン施工実績
お店の目印として印象的な店主のカヌー
三条市店舗デザイン施工実績
オーストラリアといえば、コアラやカンガルー。店内も可愛らしく。

開店してからも自分のことのように親身になってくれます!

新創美さんは、とにかくトータルでサポートしてくれます。
さっき言った土地物件、計画図面、イメージ、見積はもちろん、繁盛する為のポイントや一見、分野以外の商材やラッピングのことも提案してくれて、選択肢が広がりワクワクして次の話を楽しみにできます。
でも、一番よかったことは、“ここまで自分の気持ちを支えてくれたこと”が一番何より良かったです。

事を起こそうと思っても、「何からどうすればいいか?」「誰に頼っていいか?」「これどうするの?」「ダメだったら、どうしよう、寝むれない」、「夢は広がるんだけど、モヤモヤして・・・」など、これまで本当にいろんな気持ちの起伏がありました。そんな揺れ動く私に対して小野寺さんは動じなくしっかりと先々をみて的確にアドバイスしてくれたのが本当に支えとなり助かり、ある意味、戦友のようにも思えてきます。 また、開店してからも自分のことのように、「今日はどうだった?じゃあ、こんどはこうしよう!」と、いままでの業者とちがい、きめ細やかに支援してくれます。・・・・これからも、よろしくお願い致します!
三条市パン工房オージーの外観
<基本情報>

お問い合わせ

新創美は、皆さまの気持ちに
寄り添ったコミュニケーションを
大切にしています。
ご相談・見積もりのご依頼は
お気軽にご連絡ください。
折り返し、担当より
ご連絡を差し上げます。

電話でのお問い合わせ

0256-34-8240

営業時間 : 9:00~18:00

メールフォームでの
お問い合わせ